関東地区にいる長崎を愛している人が、それぞれの視点で、長崎の外部にある長崎ゆかりの様々な素材、長崎の外にいるからこそ見えてくる長崎の隠れた素材を発掘し、それを加工することにより、長崎の活性化につなげていきます。

2009年10月29日

「龍馬伝サミット」に参加しました

10/26(月)14:00~17:00品川プリンスホテルで開催された「龍馬伝サミット」(龍馬伝関係自治体首脳会議)に龍馬グループの浜野、坂本が参加しました。 報道陣も多く400名位の会場が満員でした。

「龍馬伝」製作統括のNHKチーフプロデューサー鈴木圭氏の基調講演、各自治体首脳による龍馬とのゆかり・取組みの紹介がありました。
下記参加自治体の①から⑨は龍馬が生まれ、訪れた場所の時代順です。
安芸市は岩崎弥太郎の生誕地、阪神タイガースのキャンプ地でもあります。

前列左から:①高知市長 ②安芸市長 ③品川区長 ④下関副市長 ⑤京都市長 ⑥長崎市長 ⑦鹿児
       島市長 ⑧霧島市長 ⑨福山市長

「龍馬伝サミット」に参加しました

長崎 田上市長のプレゼンテーションは、冒頭に多くの帆船で賑わっている長崎港の古写真を映しながら、「龍馬の声」を流しました。
龍馬の声は写真の骨格をもとに創作したものだそうです。
他の自治体のプレゼンテーションが力が入りすぎ、やや冗長になる感があるなか、田上市長は的を射た内容でした。


「龍馬伝サミット」に参加しました

京都からは舞妓さんも駆けつけました。



鈴木チーフプロデューサーからは、脚本家の福田靖さんの言葉として、「渋谷を歩いているヤングにも分かる龍馬伝を」ということでした。

京都の門川市長からは、平成12年に計画した「平成22年までに入洛観光客数5000万人」の目標を2年早く平成20年に達成。外国人宿泊客数も5年間で倍増し約94万人になったとの発表がありました。

霧島市の前田市長は自らデザインした派手な法被(霧島の観光地、名産などが描かれている)をはおり、鈴木氏に龍馬と妻お龍が新婚旅行で訪れた塩浸温泉の入浴シーンを是非ドラマの中に入れて欲しい!!! と熱烈に懇願されていました。
たいへん元気な市長さんでした。

参考:龍馬が寺田屋で襲われ傷を負ったあと、西郷隆盛や小松帯刀の薦めにより薩摩・霧島方面への旅を
   「日本最初の新婚旅行」と言われており、霧島市では「龍馬ハネムーンロードを歩こう」が11/14(土)
    11/15(日)に実施されます。



Posted by 在京長崎応援団塾 at 00:16│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。