関東地区にいる長崎を愛している人が、それぞれの視点で、長崎の外部にある長崎ゆかりの様々な素材、長崎の外にいるからこそ見えてくる長崎の隠れた素材を発掘し、それを加工することにより、長崎の活性化につなげていきます。

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2009年11月19日

東京の長崎で呑む企画

深野です。
既に皆さんにお知らせした、東京の長崎(椎名町界隈)で呑む企画です。椎名町の北側(住居表示は豊島区長崎)にみずほ」(電話03-5995-1419)という居酒屋があって、そこの大将は長崎出身だそうです。そこで、在京長崎応援団の有志が東京の長崎で長崎出身の大将の料理で酒を呑もう!ということになりました。
ところが!当初計画していた12月7日は店の定休日だそうで、開催日を12月17日に変更いたします!
12月17日の午後7時に椎名町駅北口改札口に集合してください(池袋から西武線で1つ目の駅)。そこから歩いてスグです。小さい店なので、あっという間に一杯になってしまいそうです。参加を希望される方は、このブログに「参加」とコメントを書き込んでいただけると幸甚です。
なお、当日はゲストとして、長崎のもってこい寄席と交流している、東京の「長崎寄席」の世話人の方も参加が予定されております。益々盛り上がりそうですね053

ここで、一つ紹介です。
長崎と縁が深い東京の「長崎寄席」では、11月28日に桂才賀さん、三遊亭歌武蔵さんを招いて寄席を開催するそうです。場所はひびきホール(東長崎駅下車徒歩4分のタローズハウス3F)、開場17:30~、開演18:30~。お問い合わせは、080-6519-5507柴田様まで!柴田さんが17日に我々の会に参加されそうですicon14

なお、在京長崎応援団塾の次回会合は12月16日19:00~、市政会館5Fです。こちらも宜しくface02。  


Posted by 在京長崎応援団塾 at 11:39Comments(2)

2009年11月10日

「都立旧岩崎邸庭園」での田中健さんのコンサートに行きました。

 龍馬グループの浜野・坂本が「都立旧岩崎邸庭園」(台東区池之端)に行きました。

 来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」は、三菱財閥の創始者「岩崎弥太郎」(高知県安芸市出身)の視点から描かれるものです。弥太郎と長男久弥の岩崎家茅町本邸は現在「都立旧岩崎邸庭園」として公開されています。
 11月7日に俳優であり、ケーナ(南米発祥の縦笛)奏者の田中 健さんのミニコンサートがありました。

田中健さん:http://www.toho-talent.com/ken/quena.html
ピアノは羽仁知治さん:http://blog.livedoor.jp/waniwani820/



 当日は真っ青な快晴、微風。大きな樹木に囲まれた芝庭に響くケーナの柔らかい音色に癒され、ゆったり心地よい時を過ごしました。
 田中 健さんは、26年前にペルーのマチュピチュを旅した時、何気なく聞いたケーナに魅了されたそうです。それ以来ずーっと独学で続けておられるそうです。目指すのは「コンドルは飛んで行く」をコンドルが悠然と飛ぶように吹きたいとのことですが------。
”コンドルはなかなか飛ばない” ”音が出せるまでに3年かかった” 等と語っておられました。

 旧岩崎邸の洋館は、イギリス人のジョサイア・コンドルの設計です。コンドルが設計した洋館のベランダで「コンドルは飛んで行く」の演奏に呼応するように、青い空にカラスや鳩が舞っていました。
 
旧岩崎邸庭園では春(4月から6月)、秋(9月から11月)の毎週土曜日に東京芸術大学出身の演奏家を中心にしたミニコンサートを開催しているそうです。
 今回は、俳優でもあり知名度のある田中 健さんのコンサートということで、約300の椅子席は時間前に満席、芝生用に用意された座布団約300枚もすぐになくなり、大勢の立見の方も出る人気でした。

 旧岩崎邸庭園の建物については、「坂本龍馬について」のブログに別途レポートします。  


Posted by 在京長崎応援団塾 at 22:00Comments(0)

2009年11月10日

東京の長崎チームからのお知らせ

皆さん、達者していますか。ふかのこうへいです。
東京にあった長崎の兄弟!チームからのお知らせですicon22
豊島区東長崎で聞きつけた「長崎出身のオヤジがやっている居酒屋」で長崎をネタに酒を飲むプランをたてました。「みずほ」という店です053
集合場所は、椎名町駅北口改札をでたところ(池袋から西武線で1つめの駅だったと思います)。
集合時間は12月7日、19時頃です。
もちろん、遅れての参加も大歓迎です(深野の携帯まで電話いただければお迎えにあがります)face01
皆さん、当日ドタ参加でも構いませんが・・・その可能性がある方は事前に深野まで・・携帯番号をお教えします・・現時点で出席を希望される方は、このブログにレスポンスされるか、または深野までメールをください。
今のところ参加が確実なのは、深野とルポ担当前田さんだけなので・・・。多数のご参加、とはいってもたくさん入れる店ではないかもしれませんが、期待しています079。  


Posted by 在京長崎応援団塾 at 10:11Comments(0)

2009年11月05日

11月18日は応援団塾の会合です

11月18日は、19:00~、いつもの市政会館5Fの会議室でミーティングを行い、その後、居酒屋にて懇親会を行う予定です。
皆さん、お忙しいとは思いますが、11月9日までに、深野まで、会議への出欠と、懇親会の出欠をそれぞれメールにてご回答ください。
(例)会議:出席  懇親会:欠席  長崎太郎
てな感じでお願いしますねっ047  


Posted by 在京長崎応援団塾 at 11:59Comments(0)

2009年11月03日

風頭公園の愛称を「風頭・龍馬公園」にして欲しいなあ !?

龍馬グループ坂本です。

高知桂浜公園にある龍馬像横に龍馬像と同じ高さの特設展望台を設置する「龍馬に大接近」が10月17日から12月6日まで開催されているそうです。入場料は¥100(高校生以下無料)で、龍馬の目線で太平洋を眺められ、龍馬像の横顔を間近に観る事ができるようです。
「月の名所の桂浜」の夜景を楽しめるように、満月の時期に合わせ10月29日から11月3日は夜9時までの営業だとか。

龍馬に大接近:http://www.welcome-kochi.jp/event/ryoma/daisekkin.html


10月26日(月)「龍馬伝サミット」(品川プリンスホテル)でNHKチーフプロデューサー鈴木 圭氏から「龍馬に大接近は、非常にいい企画と思いますので常設・通年営業にしたらいいのでは」との賛辞の言葉がありました。高知市長から「地盤の関係で期間限定にしています」との答えでした。

*鈴木氏は今年10月展望台を訪れられており、「龍馬伝」に合わせて企画されたものとの認識だったようですが、「龍馬に大接近」は1993年から龍馬の誕生日であり命日でもある11月15日を挟んで毎年開催されています。

桂浜の龍馬像は建立80周年、長崎風頭公園の龍馬像は建立20周年。大きさも桂浜の龍馬像は、13.5m(像本体は5.3m)風頭の龍馬像は4.8m(像本体は3m)で桂浜には及びませんがーーーー。

風頭山は標高151.9m、龍馬像も高地にあるため特に長崎港から女神大橋方向の眺めは、司馬遼太郎「竜馬がゆく」の気分になって「長崎は、わしの希望じゃ」「やがては日本回天の足場になる」と叫びたくなる眺望。

風頭公園:http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/kouen/search/parksrc.php?mno=1&parkno=132



来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」を期に、風頭公園の愛称を「風頭・龍馬公園」にして欲しいなあと思いますがーーー。
平成15年11月15日に「高知空港」の愛称を「高知龍馬空港」にしたお手本もありますよね。
  


Posted by 在京長崎応援団塾 at 23:28Comments(0)